バーの集客を効率よく増やす方法|ニーズを掴むことが大切

複数店舗では導入価値あり

レジ

販売戦略に活用できる

レジシステムの役割は、顧客の売上状況を記録する事です。どの時間にどの商品が売れたのかレジスターの端末に情報を記録させておくことができます。しかし複数店舗を所持している場合でも、売上情報の記録はレジスター単体となります。一つの店舗で複数のレジスターを使用している場合、それぞれのレジスターに売上情報が記録されるのです。リアルタイムで全国の売上状況などを把握することができないのがデメリットなのです。この問題を解決させるのがPOSシステムです。POSシステムを導入することで、売上情報を一元管理することができるようになります。レジスターで打ち込んだ情報は、リアルタイムで本部にあるサーバーに転送されます。これがPOSレジスターの仕組みです。送られたデータは必要に応じて加工され、マーケティングデータとして活用されることになります。POSシステムを利用することで、売上の締めのタイミングを待たずに売り上げ情報を把握することができ、店舗によっての販促活動を瞬時に戦略として行う事ができるようになります。例えば、売上の著しくない店舗があれば、在庫をはくために値下げを行う指示を出すこともできます。店舗にいると気づきにくい点も一元管理することで可能になります。特に飲食店などは消費期限との時間との戦いになるケースも多く、POSシステムを活用することで無駄を省くことができるようになるのがメリットです。今や、POSシステムはどの店舗でも利用されているのです。